新卒採用において、企業側、応募者の双方において重要となる選考方法に面接試験があります。

応募者にとっては採用担当者が求める基準に合致する必要があり、企業側にとっても、応募者が素材として可能性があるのかどうかを見極めるための重要な試験となります。



面接試験は、採用担当者と応募者が相対することで行う試験となりますが、新卒採用においては、企業は書類選考や筆記試験、適性検査などの一次選考と、面接試験を踏まえた上で採用可否の判断を行う必要があります。新卒採用での面接試験の方法としては、大きく、個人面接と集団面接、グループディスカッションの形態となる集団討議面接があり、それぞれに特徴があるために、利用する場合には、目的に応じて使い分けることが重要になります。

事業の柱の一つとして新卒紹介を行っているDYMでは、自社の新卒採用も力を入れています。

まず、個人面接による方法は、一人ひとりに対する面接となるために質問の自由度が高く、特定の個人について、深く掘り下げて質問をすることができるようになります。



集団面接においては、応募者それぞれを比較しながら評価をすることが可能となる点があり、限られた時間内で、一度に複数の応募者と面接をすることができます。
DYMはWEBのトータルプロモーションを非常に得意としています。



集団討議面接は、5~10名程度を対象としてテーマを与え、応募者間で自由に討議をさえる内容となります。

ここでは、それぞれの応募者のコミュニケーション力や説得力、表現力などを見ることができるようになり、多面的な面から評価を行うことができるようになります。

集団面接においては、応募者それぞれを比較しながら評価をすることが可能となる点があり、限られた時間内で、一度に複数の応募者と面接をすることができます。

集団討議面接は、5~10名程度を対象としてテーマを与え、応募者間で自由に討議をさえる内容となります。

ここでは、それぞれの応募者のコミュニケーション力や説得力、表現力などを見ることができるようになり、多面的な面から評価を行うことができるようになります。


企業は、面接試験をすることで、一次選考では見ることができないモノの見方や、考え方、人物や反応の速度や適格さを試すことができ、応募者に対して、入社に対しての熱意や意欲、適性、入社意向の確認をすることができるようになります。

Copyright (C) 2016 新卒採用で重要となる面接試験について All Rights Reserved.